FC2ブログ

福祉・医療・保健 研修会に参加してきました

去る9月11日土曜日にむつ市で行なわれた研修会に参加してきました。
当日の天候は雨で車での移動にも不安はありましたが、朝5:30に出発し研修会場に予定時刻に到着しました。
車中、スタッフとの会話で盛り上がりあっという間の移動でした。
研修会では、むつ市近郊で活躍されている各職種(福祉・医療・保健等で活躍されておられる先生方)の方々をはじめ、東京都健康長寿医療センターの平野先生のお話しも拝聴することができ大変勉強になりました。
また、参加されている方々とも意見交換もすることができ、大変有意義な講習会だったと思います。
昼食は、まさに地元密着型というべき、東通村郷土料理の「芋摺り汁」とお弁当を大変美味しく頂くことができました。
今後は、当医院でもこの会で出会った先生方とも連携し、より良い往診環境を整えていきたいと思います。
会場風景
以下に当日参加したスタッフの感想を掲載します。

要介護高齢者においしく食事をしてもらうという題に様々な職種の人が努力し協力しあっていることを知りとても感動し、自分も何かのかたちで携わっていきたいと思いました。
認知症についての講演もとても興味深かったです。(藤田)

先日、「食を考える」を メインテーマにした講習会に行ってきました。
場所が下北だったので移動が大変でしたが、普段の診療室では勉強できない様な要介護高齢者についてや、
その周りの人達の取り組みを聞く事ができ、とても勉強になりました。
弘前市も、もっと力を入れていくべきではと考えさせられた1日でした。(富山)

先日、下北文化会館にて、「口から食べてもらうには」をテーマに多職種合同研修会に参加してきました。
病院や在宅・施設でのそれぞれの立場での取り組みを聞き、大変参考になりました。
私は診療室でももちろん、病院や在宅・施設での口腔ケアなど多職種と情報を共有しながら、
もっともっと広めていかなければいけないと実感しました。そのために努力していきたいと思います。(長谷川)

講師(歯科衛生士)と当医院スタッフと


スポンサーサイト



セミナーで大阪へ行って来ました!

DSCF7593.jpg
こんにちは。クリニカルコーディネーターの齋藤です。
去る8月29日に、「患者さんに伝えたい最も大事な補綴(ほてつ)の話」という
歯のかぶせ物について学ぶセミナーに参加するため大阪に行ってきました。
講師である技工士の厳先生と、クリニカルコーディネーターの林先生のもと、かぶせ物について学んできました。

さて皆さんは、虫歯の治療の場合にお口の中に詰めものや被せものをしますが、その方法にはたくさんの種類があることをご存じでしょうか?
金属色もあれば白い物もあります。白いものでも材質が違うものも多々あります。
たくさんあるかぶせ物の中でも、費用の違いはもちもんですが、その材質にはメリット、デメリットがあります。
患者さんにお話する際に必要な知識を得るため、改めて今まで以上にわかりやすくご説明させていただくときの仕方や、材質の詳しい知識を学んだことで、かぶせ物の種類について患者さんに詳しくお話させていただきたいと強く感じました。

保険でできるかぶせ物はもちろんですが、自由診療でかぶせ物を入れてみたいという方もいらっしゃると思います。
満足して治療を受けていただける様に、少しでもお手伝いさせていただきたいと思います。
見えるところは白い歯にしたい!材質や費用を知りたい!
など疑問に思うことはぜひお話を聞かせてください。
クリニカルコーディネーター 齋藤


DSCF7594.jpg
プロフィール

院長の佐藤雄大です

Author:院長の佐藤雄大です
スクエア歯科のブログへようこそ!

リンク
スクエア歯科公式ホームページはこちら
最新記事
RSSリンクの表示