FC2ブログ

院内セミナーを開催させていただきました!

こんにちわ(o^∀^o)歯科衛生士の山田です。
先日トリートメントコーディネーターという資格を取得しました。
トリートメントコーディネーターというのは治療者と患者さんの間に立ち、
双方にとって「満足のいく治療を進めるための調整役」と言われています。

DSC01800-1.jpg
たとえば、治療に関する専門的な事はもちろんですが、
治療内容での不安な事やドクターには聞けない事、費用や支払い方法などに関する事などを患者さんと共に考え、より良い治療のゴールを共に目指す手助役とでもいうのでしょうか。
歯科医療スタッフとしてスキルアップをはかりたいという思いで今回セミナーに参加しいろいろと学んできましたそのセミナーで学んだ内容を当医院でも全スタッフで実践し共有したい!との思いから先日院長先生をはじめスタッフに参加してもらい院内セミナーを開催させていただくことになりました。

歯科に対して、不安や恐怖感を感じながら来院して下さる方もまだまだ沢山いらっしゃいます。
そのような方の歯科に対する不安を、少しでも取り除いていきたいと思ってます(o^∀^o)
治療に関してはもちろんセルフケアやその他なんでも、何かわからない事など、聞きにくい事などあったらぜひ私たちスタッフに聞いて下さいね(*^o^*)
DSC01799-1.jpg
スポンサーサイト



講演会で初発表させていただきました!

DSC01581-1.jpg

こんにちは歯科衛生士の齋藤です。
去る6月10日『青森インプラント研究会』主催の講習会に参加してきました。
メイン講師の加藤武彦先生は歯科在宅往診歯科医師のスペシャリストです。
加藤先生の講演内容はとても楽しく、在宅の現場でも患者さんのふところをギュッとつかんでるのがわかりました。
今回私は、講習会に聴講者としてではなく、演者の一人として歯科衛生士の立場から
「在宅歯科往診の必要性について」を、ケアマネージャー、理学療法士、言語聴覚士、歯科医師など多職種の方々と共に発表させていただきました。
その中で私は日頃から医院で行ってる、歯科在宅での口腔ケア・リハビリの症例を例に挙げることになりました。
私たち歯科衛生士は、在宅という環境で患者さんの口の中をキレイにして終了ではありません。
口が実際に機能してるか、ご飯が食べられてるか…患者さん一人一人とのコミュニケーション、観察が必要だと感じました。
今後は今まで以上に、歯科在宅往診という場での歯科衛生士が必要となることと思います。
これからも広い視野で勉強し、日々の臨床で患者さんや施設利用者さんに対応していきたいと思います。
プロフィール

院長の佐藤雄大です

Author:院長の佐藤雄大です
スクエア歯科のブログへようこそ!

リンク
スクエア歯科公式ホームページはこちら
最新記事
RSSリンクの表示