FC2ブログ

浜松市での研究会に参加してきました

去る 10月26、27日の両日 静岡県浜松市にて行われた全校訪問歯科研究会(加藤塾)へ参加させていただき発表してきました。
当日は台風の影響もありましたが、全国から多くの仲間が集まり参加人数は300人と盛大な開催となりました。
今年は、「続・口のサポーターとして」と題して発表してまいりました。
口から食べられるということは、
その方を変えるだけではなくサポートする周りの人までも変化していくという事。

そのためには、歯の治療はもちろん入れ歯の重要性、口腔ケアや口腔リハビリを行うことをはじめ、全身におけるリハビリや筋肉トレーニングを行うことも大切であること。

今回改めて、多くの職種と連携し情報交換・共有することがいかに重要で、そのことが、求められていることであるということを全国の仲間と語り合うことが出来ました。

今回学んできた多くの事を、
これからも、在宅・施設・病院等への歯科往診を通して、微力ながら実践して参りたいと考えております。

DSC00750.jpg

こんにちは!歯科衛生士の齋藤です(^_^)
先日、今年の加藤塾(浜松市)、行ってきました。

今回、加藤塾で初めて!!院長と一緒にスライド発表させていただきました。
今年の2月から在宅で往診してた方の症例で、私が関わった、口腔リハビリ、この方のケアマネージャーさんと連携の模様を報告しました。
思いのほか、会場が広く、トップバッターの緊張もありましたが、自分の思ってたことは伝えれたと思います。

DSC00732.jpg

『口から食べること』
その為に何が必要か?

義歯であったり、口腔リハビリ、食べたいと思えるような、食事の工夫。
多職種にわたり、いろんな視点からの意見を聞くことができました。

今回私自身、『食べられる口』を作るためにサポートしてきましたが、まだまだ未熟です。必要としてる方、一人でも多くお手伝いできるよう、仲間をふやし勉強したいと思います。

しかし、1つ残念なことが…(;つД`)
黒岩恭子先生に会えなかったことです(;_;)
去年は函館での加藤塾でもお会いできなかった為、今年は絶対ご指導頂きたく…お話する内容も考えてたのに…

来年は絶対!!黒岩先生にお会いし勉強させていただきたいと思います。
DSC00704.jpg

こんにちは歯科技工士の藤森です。
今回私は、加藤塾に初めて参加させていただきました。
初めてのセミナー参加で、会場の広さと参加者人数の多さに驚きかなり緊張しました。
いろいろな症例発表を聞き、口腔ケアや義歯がいかに大事かを考えさせられました。

口腔ケアによって口の中が清潔に保たれることで体の調子が良くなったり、きちんと食べることのできる義歯を使うと顔の表情や姿勢が良くなり、元気の無かった患者さんが生き生きとしている様子を見ることができました。
私は歯科技工士として、患者さんにきちんと食べることのできる義歯を作っていきたいと強く思いました。
懇親会では、各地方からお越しになった衛生士さんとお話することもでき、とても勉強になりました。

浜松とゆうことで、おいしいうなぎも食べることができて良い思い出になりました!
先生、ごちそうさまでした\(^o^)/

DSC00745.jpg


プロフィール

院長の佐藤雄大です

Author:院長の佐藤雄大です
スクエア歯科のブログへようこそ!

リンク
スクエア歯科公式ホームページはこちら
最新記事
RSSリンクの表示